現場の作業効率を上げる

瓦礫

スクラップを細かく破砕

解体工事現場では、コンクリートをはじめとする様々なスクラップが出ます。これをそのまま処分するのではなく、破砕して再利用しようという機械が、ガラパゴスシリーズのフルイ機です。ベルト式の駆動輪が付いているため不整地でも走行可能で、作業を始めたい場所にすぐに移動させることができます。ガラパゴスシリーズのフルイ機は複数ラインナップされているので、それぞれの特徴を比較して用途に合ったものを選ぶようにします。選ぶ際に重視すべき点としては、フルイ機のサイズがあります。ガラパゴスシリーズのフルイ機は破砕能力に応じてサイズが異なるものが用意されており、大きなものほど一度に大量のスクラップを処理できます。それなら大きいものを選べばいいように思えますが、大きすぎる車種は現場に入れない場合も考えられます。広い敷地で作業するならサイズの大きなフルイ機を、住宅街のように重機の進入が難しい場所で使うならコンパクトなものを選ぶと良いでしょう。投入するスクラップのサイズでも選ぶべき車種が決まってきます。コンクリートだけでなく自然の石なども破砕する必要があるなら、ガラパゴスシリーズの中でも破砕能力を重視して選ぶのがおすすめです。自然の石の中にはかなり大きなものがあり、それを破砕するにはパワフルなクラッシャーや幅の広いベルトコンベアが求められます。大型の車種ほどそうした装備を備えているので、カタログなどでスペックを確認し、作業効率を上げてくれるフルイ機を選ぶことが大切です。